格安、良質な会社を選びたいです。

汎用インクとは?

 

 

 

汎用インクは、互換インクとも呼ばれます。

 

非プリンタメーカーが製造する純正プリンタインクと互換性のあるインクのことをいいます。

 

なにかと高く付く純正インク。

 

最近は、高品質な互換汎用インクを製造、販売する専門メーカーが見つかります。上手に活用されインク代を抑えている方が増えています。

 

汎用インク(互換インク)は、色合いや色のかすれなどの品質が気になるところです。

 

また最悪の場合のプリンタの故障なども頭をよぎったり。

 

汎用インクを一度使ってみようとお考えの方もメーカー選びは慎重に進めたいです。

 

 

■ 販売実績が豊富、リピーターが多い、長らく指示されているメーカーか?
■ ISO取得工場で丁寧に製造されたもの
■ 保証付き、
■ アフターケアが整っているか

 

などをチェックしたいです。

 

正規品と代わらないほどの品質、ランニングコストを50パーセント程度に押さえることができる専門店が見つかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

品質、安全性って?

 

 

プリンタインク代を節約するなら、純正じゃないインクを使うという方法が思い付きます。

 

そこで頭をよぎるのが品質、もっと言えば安全性です。

 

色あいが多少劣る程度なら、特に気にならない用途ってありますしそういう場合なら少しくらい品質が劣っても純正じゃなくてもいいという人って少なくないと思います。

 

ですが、安全性というか正常にプリンタが稼働しないとか、目詰まり、本体が故障してしまった…なんていう事態になってしまったら、面倒ですし、これは避けたいところですよね。

 

いくらコスト削減、節約につながるからとって、安いというだけでインクを選びたくないですよね。

 

 

評判のいい互換インクを使うという選択肢

 

 

 

スマホなどからネットをチェックしていると、人気の互換インクの専門店が見つかります。

 

互換インクは汎用インクとも呼ばれる、メーカーではない会社が製造するプリンターインク。

 

新品のインクです。

 

公式ショップサイトをのぞいてみると、純正品と比べると、格段に割安で品質的な差はほとんど感じないと明記されています。

 

保証制度や正常稼働率なども明記されているので一度試してみようかな…とお感じになるユーザーの方も多いようですし、実際にリピーターの方が多いようです。

 

 

もちろん信頼のおけない通販サイトが長らく人気を保ち続けるとは考えにくいですしね。

 

ISO認定の工場で製造されています。

 

 

 

 

長く消費者の支持を得ていて、保証制度の整ったお店で

 

プリンターインクは、メーカーが製造、販売するいわゆる純正品を使っているという人は多いと思います。

 

純正ではない安価なインクも色んなメーカーや種類が売っていますよね。

 

純正品以外のインクといえば、リサイクルインク、詰め替えタイプ、互換インクなどがあります。

 

純正品は、それらの非純正品と比べるとかなり高いですが、やはり品質という面を考慮して安心な純正正規品を使用しているという人は多いです。

 

 

非純正インクの中で、通販で発売されている互換インクが人気があります。

 

互換インクも色んなお店で販売されているので、高いレベルで信頼のおけるメーカーを選びたいところです。

 

互換インクとは、プリンタメーカーではない会社が製造している互換性のある新品のインクのことです。

 

自社で細部に渡って品質に問題がないように、純正と遜色のないように高い品質を保つように製造、管理されています。

 

もちろん良質であるのに価格的メリットが高いので利用者が増えているんですね。

 

上手に取り入れて節約、ランニングコストを抑え、経費節減される方が増えています。

 

 

 

◆ISO14001、ISO9001認定工場で品質管理の元、製造されています。

 

◆純正にも見劣りしない仕上がり、品質。値段は半額程度と開きがあります。

 

◆保証制度が安心と信頼を得ています。インクは2年間の保証付き。万が一のプリンターに支障があった場合のプリンター保証も。